Initiated Car Model Lab

GTカー、フォーミュラカーをメインに制作していきます。 時折、メカニカルな説明などを交えたり、モータースポーツの話題などにも触れたいと思います!!


ボディにつくミラーやフィンを接着する際、強度的に不安であったりパーツの位置決めを容易に進めていくため
ダボを追加していきます!
塗装の際にも持ち手として便利ですよ!!

IMAG0064
小さなパーツの接着面に2つ穴(0.5)を開けて、0.5の真鍮線を瞬間接着剤で固定後、
ニッパーで短くカットします。


次に、対する接着面に押し当てて穴の目印をつけます。
インクとかつけて行うとより正確にできますね。。。
今回は手抜きです(笑)


IMAG0062
はい、開けました!!
えーと、このときは注意点がございまして、
0.5のダボに対してはダボ穴の直径を少し大きくして位置決めに余裕を持たせる必要があるので、
0.6~0.7の穴を開ける必要があります。

みなさんご存じバカ穴と言うやつです。

これで、最終組み立て段階で楽することができますし
完成後、「ミラーどっかいっちゃった(u_u)」ってことも無くなりますね(笑)


続いて、フロントタイヤ前方の大型整流フィンの位置決めを行うのですが、、
キットそのまま組むと角度がめちゃくちゃでエライことになってしまうので修正が必要です。

image


実車は後ろと黒いフィンが平行になるのですが、そのままはめ込むとと傾いてしまうので
まず、ボディとフィンの位置をテープで仮決めしてアンダーカウルとのあたり具合を見ながら、
削って先に接着してしまいます。(同じ黒色ですし、カーボンデカールを貼る予定なので問題なしと判断!)
image
こんな具合になりました。
強度を考え瞬間接着剤を多めに盛っているので後で整形します。。。

image
イメージとしては、アンダーカウルとフィン後方が垂直になるかんじです。


余談ですが、
このフィンの働きとしては、比較的圧力の高いフロントグリルからの気流をマシン横方向に流してやることで
タイヤによって生み出された乱流を押さえつけています。

F1でもよく見られる手法で、フロントウイングの翼端版が二枚に斜めに切られているのは、このためです。
最近では3枚とかも見かけますが、、、


次回は、ボディをいじっていきます!!





IMAG0044


足回りを組んでいき、ボディとあわせました。
ここでは特に車高が正しいかそうでないかを確認することがメインですね!
まったく問題なく、車高はばっちし出ています!!


IMAG0045
内装の仮組みです。
まず、ロールゲージはある程度先に接着しておいても問題なさそうだったので、ここまで接着しました。

バスタブと合わせても特に問題なく組み上がったので、このまま塗装に入れそうです。

IMAG0046
しかし、、、問題発生!!
新たらしくなったシート、横幅が大きすぎてロールゲージと当たって入りません(笑)
これは削らないと入りませんね、、、、

IMAG0051

それもそのはず、ご覧のとおりの差ですから(笑)
従来のシートでぴったしなのに、これだけでかいシートが収まるわけがないですよね、、、
はい、、削っていきましょう!!

IMAG0054

ドアとシート横の隙間が十分開くように削ります。

IMAG0055
入りました!!
かなり削らないと入らないようです、、
シートの形自体が変わってしまうことのないように
RECAROのホームページ等写真を見つつ整形していきました。

次回はボディの小パーツとの合いを確認していきます。










はじめまして。
できる限り頻繁に更新していきます!
何か質問やご要望等ございましたら、どしどしコメント欄のほうによろしくお願いします!



本日からMP4-12Cの製作を始めていきたいと思います。
まずは、キットの方からレビューしていきす!

IMAG0025
えーと、ご存じの通り痛車です(笑)
私はまったくもって痛車に興味はないのですが
先月、スーパーGTポッカ1000kmを観戦しに鈴鹿に行ったのですが、、、
かっこいい!!悔しいけどかっこいいんです!!この車(笑)


IMAG0026
このキット4200円もしたのですが、パーツ数は少なめです。
おそらく、デカールの版権の関係でしょうか、、、

IMAG0027
IMAG0029
IMAG0031
ボディです。
最近のフジミの成形技術も進歩しましたね、タミヤと互角の戦いをしてますよこれ!
全体的にシャープですし、エッジも綺麗に再現されてます!
ただし、噂どおりインテーク等は抜けてません、、


続きを読む

このページのトップヘ